HOME 各種プラン ご予約 アクセス 千葉港の概要 リンク集 お問合せ

 
 千葉港は、東京湾の北東部に位置し、市川市、船橋市、習志野市、千葉市、市原市、袖ヶ浦市の6市におよぶ大変広い地域からなっており、その海岸線延長は132kmにもなります。また、水域面積は24,800haと日本一広い港です。
 昭和29年7月1日に国際貿易港として関税法の「開港」に指定され、外国貿易の出来る港となって以来、着実な発展を遂げ、昭和40年4月1日には全国で12番目の特定重要港湾に(現在では全国で21港)に指定され、また平成6年より8年間続けて貨物取扱量で日本一となるなど、今日では国内有数の国際貿易港となっております。
また、広く県民に親しまれる港となるべく港のゆとりある環境づくりに努めてまいりました。千葉中央地区には、ポートパークが整備され昭和61年6 月15日には、県人口500万人突破を記念して千葉港のシンボル、ポートタワーもオープンしております。
そのほかにも、稲毛・幕張地区には人工海浜や海浜公園があり、市原地区には、太公望でにぎわう海釣施設など、市民の憩いの場が数多く整備されております。